歯科衛生士の「将来性が不安」だった私がほっとした4つの情報とは?

歯科衛生士の悩み

歯科衛生士だけど、仕事をしながらふと、将来が不安に。

「将来は、今よりもっと快適な生活ができるのかな。」私も働きながらよく考えました。

歯科衛生士は国家資格ですが、本当にずっと安心して働ける職業なんでしょうか?

  • 「歯科衛生士になったけど、将来性があるか不安…」
  • 「給料が他の資格と比べて安いけど、大丈夫かな…」
  • 「子供が生まれた後も、仕事を続けられるのかな…」
  • 50代になって、働いてるイメージがつかない…」

歯科衛生士は50、60代まで働ける、将来性の高い職業です。

だって、コロナ禍の今でも、歯科衛生士1人に対して求人が20件も余っています。

ぶっちゃけ、今後も私たちの仕事はなくなりません!

それでも、歯科衛生士を長く続けるには、スキルの向上が大事です。

まずは、同じ職場で経験年数を積むこと。それだけで、次の職場を探すときも、色んな歯科医院から引っ張りだこになります。

あとはゆっくりでいいので、認定資格をとると収入がぐぐっと上がります。

私も認定資格をとってからはだいぶお財布に余裕ができました。

好きな服を買ったり、高級レストランに行って、仕事もプライベートも充実しました!

歯科衛生士にやってて良かったと、今では心から思えます。

ここでは、歯科衛生士の将来性が高い理由について紹介します。

さらに、将来ずっと食べていける歯科衛生士になるための方法も紹介します。

解決策
  1. 歯科衛生士に将来性があるのか、不安な人たちの声は?
  2. 歯科衛生士の将来性は高いと「断言できる」理由は?
  3. 将来ずっと食べていける歯科衛生士になる「方法」は?

歯科衛生士に将来性があるのか、不安…

 

歯科衛生士の将来性について、悩んでいる人は多いですね。

Aさん)歯科衛生士の将来性の情報、全部知りたい…

歯科衛生士の将来性、良いこと悪いことなどおしえてください~

歯科衛生士は就職もそうですがやめてからまたの再就職も難しくないと聞きました。

でも歯科衛生士になった後の将来性はどうでしょうか?

それから給料のことも気になります・・・・。

求人情報誌などを見ていると大体安くて1000円でも平均は大体1200円くらいだったと思うんですが

知恵袋で見ていても低収入だとかって書いてありましたがそうですか?

(一部省略)

参考:Yahoo知恵袋

安定して稼げるのか、将来ずっと同じ給料で働くことになるのか、不安ですよね。

私自身、ブラックな歯科医院で働いていた時は、将来性なんてないと思ってました。

「もっとお給料がもらえる職場に行きたい…」という思いが、頭をぐるぐるしてました。

Bさん)歯科衛生士は人手不足で、将来性あるって本当…

質問:歯科衛生士は人手不足ですか? 将来性はありますか?

回答:歯科衛生士です。

就職先はたくさんありますが、大抵同じ歯科医院が定期的に募集している→ブラックであることが多いです。

常に自分勉強をする方でないと、なかなか難しいです。

どんな歯科衛生士を目指しているのか、職場環境が合っていれば長く続けられます。

参考:Yahoo知恵袋

歯科衛生士って本当に人手不足なんでしょうか?

確かに、歯科衛生士が1~2人しかいない医院もありますよね。

あと、求人が出てる医院はブラックじゃないかって疑っちゃいます。

職場を転々とできるけど、理想の職場なんて見つからないんじゃないかって思ってました。

Cさん)歯科衛生士より、看護師の方が将来性ありそう…

質問:歯科衛生士について質問です。

歯科衛生士の将来性はありますか? 看護師の方が将来性ありますか?

回答:お口に関心がある人は増えているし、

予防(虫歯や歯周病になる前に健診やクリーニングをしてもらう)の時代だし、

お年寄りは増えて行っているしどっちもありますよ。

参考:Yahoo知恵袋

他の医療職と比べて、将来性があるか気になってしまいますよね。

知り合いに看護師がいるのですが、やっぱり給料は向こうの方が多くてショックでした…

別に給料がすべてじゃないですが、どうしても比べてしまいます。

では、歯科衛生士の将来性は、実際どうなんでしょうか?

歯科衛生士の将来性が高い「4つの理由」は?

 

ぶっちゃけ、歯科衛生士は将来性のある職業です。

理由1:歯科衛生士の数が「20倍」でも仕事が余る

参考:平成28年 歯科衛生士教育に関する現状調査の結果報告-全国歯科衛生士教育協議会

歯科衛生士はめちゃくちゃ人手不足。

10年前ですら、歯科衛生士1人に対して10件も求人がありました。今は、求人の数は2倍に増えて、1人に対して約20件。

将来性がない?いやいや、ありすぎて困ります。

10年後も、20年後も、私たちはずーっと歯科衛生士の仕事ができます。

理由2:歯科医院以外にも「働ける職場」がある

私たちが働ける職場はたくさんある
  1. 歯科衛生士の資格を生かして、「色んな職場」で働ける
  2. 医療施設…総合病院、保健所、「介護老人保健施設」
  3. 研究職…一般企業で「口腔ケア商品の開発」
  4. その他…「歯科衛生士学校」、「企業の診療所」

私たちが働ける職場は、歯科医院以外にもたくさんあります。

一生懸命頑張ってとった国家資格。ぶっちゃけ、すごく便利です。

資格を生かして、思い通りの働き方ができますね。

理由3:「産休・育休」のあとも、職場に復帰できる

産休・育休後も職場は見つかる
  1. 産休・育休後の歯科衛生士を募集する求人がある
  2. 育児で「10年のブランク」でも、求人は5934件
  3. 「土日休み・時短勤務」の職場なら、子育てもできる
  4. 「午前のみ」働ける求人は、1637件もある

子供が生まれても、育児と仕事どちらも両立できます!

調べてみると、産休・育休した歯科衛生士向けの求人はたくさんあります。

さらに、育児で10年以上ブランクができても、応募できる求人は5000件以上。

良い職場に出会えれば、午前中は働いて、午後は育児・家事に集中。

休日は旦那さんや子供といっぱい遊べますよ!

理由4:50・60代になっても「パート」で働ける

  1. 「年をとっても」、活躍する歯科衛生士はいる
  2. 「50代」でも応募できる求人は、591件ある
  3. 年齢に応じて、給料・待遇はよくなっていく
  4. 体が辛くなったら、週3パートでもOK

シニアになっても元気に仕事を続ける歯科衛生士は多いです。

実際、求人サイトを見ると、50代でも応募できる求人は591件あります。

体が辛くなっても、パートで週2~3日といった働き方もできます。

コツコツ頑張れば、みんなから尊敬されるベテラン歯科衛生士になれますね。

将来「ずっと食べていける歯科衛生士」になる方法は?

 

この方法を実践すれば、将来の悩みはなくなります。

方法1:歯科衛生士の経験年数を「5年以上」積む

経験年数が増えると…
  1. スキルが認められ、色んな歯科医院から募集が来る
  2. 歯科衛生士の「経験年数が多い」ほど、年収は高い
  3. 経験年数が「5~9年」になれば、年収29万円UP
  4. 経験年数が「15年以上」だと、年収83万円UP

参考:厚生労働省「平成31年度賃金構造基本統計調査」

ぶっちゃけ、歯科衛生士を続けていれば、将来仕事を失うことはありません。

なぜなら、歯科衛生士をした期間が長いだけで、スキルが付いたと認められるからです。

実際、経験年数が5年を超えると、一気に年収が増えます。

方法2:「一般・総合病院」で働き、スキルを磨く

一般・総合病院で働くメリットは…
  1. 歯科医院では見られない、「珍しい症例」を経験できる
  2. 看護師など、「他の医療職との連携」を行うスキルがつく
  3. 病院で働く歯科衛生士の「手取り」は、25万円を超える

病院で働くことで、将来性のあるエリート歯科衛生士になれます。

なぜなら、歯科医院では学べないスキルが身につくからです。

これは給料を見れば歴然です。

私たちの手取りは20万円が普通ですが、病院で働く歯科衛生士は25万円を超えています。

将来の不安もなくなり、今よりずっと快適な暮らしができますね。

方法3:認定資格を取って「安定した収入」を得る

なぜ認定資格をとるべき?
  1. 資格があるだけで、「給料・待遇・雇用」が有利に
  2. 資格手当が適用されて、手取りが1~5万円増える
  3. 「歯周病学会認定衛生士資格」…月1~5万円の支給例
  4. 「口腔インプラント学会専門衛生士資格」…月1~3万円の支給例

参考:歯科衛生士の手取り、実際はいくら?25万円まで増やせるって本当?

認定資格を取れば、お金の悩みなんてなくなります。

だって、認定資格があれば、資格手当を給料にプラスされるから。

求人を見ると、月1~5万円の資格手当を支給する職場がありますね。

私たちが将来不安なのって、やっぱりお金です。

でも、認定資格があれば、お金に余裕ができて、普通の暮らしからちょっとした贅沢を楽しめるようになります。

まとめ:歯科衛生士の「将来性は高い」から安心して

 

歯科衛生士の将来性は高い
  1. 歯科衛生士の数が「20倍」に増えても、仕事が余る
  2. 歯科医院以外にも、一般企業など働ける場所がある
  3. 「産休・育休後」「50代以上」でも仕事ができる

歯科衛生士は50、60代まで働ける、将来性の高い職業です。

だって、コロナ禍の今でも、歯科衛生士1人に対して求人が20件も余っています。

ぶっちゃけ、今後も私たちの仕事はなくなりません!

それでも、歯科衛生士を長く続けるには、スキルの向上が大事です。

まずは、同じ職場で経験年数を積むこと。それだけで、次の職場を探すときも、色んな歯科医院から引っ張りだこになります。

あとはゆっくりでいいので、認定資格をとると収入がぐぐっと上がります。

私も認定資格をとってからはだいぶお財布に余裕ができました。

好きな服を買ったり、高級レストランに行って、仕事もプライベートも充実しました!

歯科衛生士にやってて良かったと、今では心から思えます。

あなたの相談コメント、待ってます!

タイトルとURLをコピーしました