歯科衛生士でパワハラに悩むあなたが「タダでお金貰える」こと知ってますか?

歯科衛生士の悩み

パワハラされたら、自分が悪いかもしれないし、泣き寝入りするしかないのかなって思いますよね。

でもあなたの本音は?パワハラ受けて、自分が損したまま、終わりたくないですよね。

実は、パワハラを受けたあなたが、無償で貰うことができるお金があります。

「いやいや、無償で貰えるお金なんて。そんな都合のいい話あるの…」って思うよね。

実は、この無償で貰えるお金。私たちの税金から来てる。

ようするに、税金払ったし、貰うのは当然の権利ってこと。

そこで、このお得な情報、3つを紹介します。

ただ、その前に。「弁護士で訴えたらいいんじゃないの?」って思ったあなたに。

パワハラを弁護士で訴える方法も一応紹介。

実際にパワハラを受けた私が、弁護士に相談してどうなったかも教えるね。

パワハラが許せない歯科衛生士向け
  • パワハラとして訴えることができる「言動一覧」と「必要な証拠」は?
  • 弁護士を通して裁判をしても「意味がない?」私の体験談を元に解説
  • 訴訟しなくても「タダでお金を貰える」、3つの方法は?

歯科衛生士でパワハラ経験あるけど「訴える方法」「弁護士に相談した結果」教えます

その1:パワハラとして訴えることができる言動一覧

訴えることができる言動は…
  • 体への攻撃…殴る、蹴る、突き飛ばす、ドクター業務をやらされる
  • 心への攻撃…患者さんの前で叱られる、舌打ちため息、「馬鹿・死ね」
  • 仲間外れ・孤立…自分と話すときだけ声色変える、仕事の話すら無視
  • 異常なノルマ…自費治療の営業やらされる、営業・治療成果を貼りだされる
  • 単調な仕事の押し付け…掃除・受付の仕事ばっか、助手の方が仕事してる
  • プライベートの侵害…「今日、生理?」「彼氏とか作らないの?」

参考:労働問題弁護士ナビ「パワハラの定義とは|6つの種類と具体例・裁判例の判断基準付き」

今まで、どんな辛い目にあってきましたか?

もし上の項目に見覚えがあったら。あなたが経験したのはパワハラ。

あなたは悪くない。悪いのは、パワハラをした院長、お局、歯科助手、歯科衛生士。

そして、パワハラってやられたら訴えることができる。

「訴えると何ができるの?」って気になるよね。

一番はお金をもらえる。あなたが今まで受けてきた苦しみ。その責任を、相手に負わせることができる。

「じゃあ、どうやったら訴えれるの?」

まず用意するものは、「パワハラを受けた証拠」。

その2:パワハラの証明ができる「証拠の例」は?

パワハラを証明できる証拠は…
  • 証拠の種類は3つ。「事実の証拠」「長さの証拠」「実害の証拠」
  • 事実の証拠…「一番重要」。暴言の録音日記による記録、同僚の証言
  • 「事実の例」…毎日ボイスレコーダーをポケットに忍ばせて録音
  • 長さの証拠…日記や録音の「日付」を残す。長いほどパワハラ認められる
  • 実害の証拠…うつ病の診断書、その他精神疾患の診断書、強制解雇の発言を録音
  • 「実害の例」…「暴言言われた→会社欠勤→3日後に心療内科へ」この一連を日記で記録

参考:パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

「え、まって。パワハラ受けたっていう事実だけじゃだめなの?」

そうなの。訴えるには、復讐するには、誰もが認める証拠が必要。

もし、証拠がない状態で訴えたら…

「いやいや、そんなことしてないですよ~」と知らんぷりされて、終わり。

だから、証拠は今からでも集めて。というか、まだ間に合う。必要なのは3日間だけ。

例えば、職場に入る前に、スマホのボイスレコーダーアプリを起動。働いてる間、ずっと起動しておく。

相手が暴言を言ってきたら、「きたきた」。スマホを忍ばせてるポケットを、近づける。

無視とかの行動だったら、「また無視された…」と独り言を言う。

そして、帰りにノートを1冊買って、今日の日付と受けたパワハラを記入。

3日だけでもいい。

3日耐えることができたら。職場を休む。「今日は体調が悪いんで…」

そして、心療内科にいって、「死ぬほどつらいです、もう耐えられません」と被害を訴える。

診断書をもらったら、準備は完了。

あとは弁護士に相談して訴えるだけ!

その3:証拠を完璧にそろえて、弁護士に相談した結果は…

あとは弁護士に相談して訴えるだけ!

そう思ってたけど、現実はあまかった。

誤解してほしくないけど、勝訴はできるらしいの。

でもね。貰えるお金が多くても50万円くらい。良くてトントン。

そして、1年間頑張って裁判しても、1円もお金が貰えないこともざらにある。

私も新卒で辞めたブラック医院を訴えようと思ったけど、弁護士に止められた。

理由は、パワハラ期間が短すぎて、貰えるお金が少ないから。

「もう泣き寝入りするしかないのかな」正直そう思った。

でも調べると、訴訟以外にも私たちができることはある。

しかも、パワハラの被害にあった人が無償で貰えるお金があった。

いよいよ本題。これから、パワハラを受けた私たちが、無償でお金を貰う方法を紹介します。

パワハラを受けたあなたが「タダ」で貰えるお金は?

取得難易度が「難しい順」に紹介します。

その1:障害年金を申請して「約58万円」を受給

障害年金とは…
  • 「病気」やケガで、生活や働くことが難しくなった時に貰えるお金
  • この「病気」には、うつ病も含まれる
  • あなたがパワハラを受けて「うつ病」と診断されたなら貰える可能性あり
  • 貰えるお金…「最低でも」58万4500円もらえる
  • 申請方法…「年金請求書」「添付書類」の2種類を「年金事務所・年金相談センター」に提出
  • 年金請求書…年金事務所・年金相談センターでもらえる
  • 添付書類…年金手帳、住民票、医師の診断書、病歴・勤労状況等申立書(※で追記)、通帳
  • 「取得難易度が一番高い」ので、貰えたらいいなくらいで

※病歴・勤労状況等申立書のサンプル:日本年金機構「病歴・就労状況等申立書を提出するとき」

参考1:日本年金機構「障害基礎年金を受けられるとき」

参考2:徳田社会保険労務士事務所「障害年金でもらえる金額」

あなたがパワハラを受けて、心の病にかかってしまったら。障害年金で58万円をもらうことができます。

「でもこういうのって、ほとんど申請が通らないんじゃないの…」

確かにその通り。でも、貰うのはもちろん、申請するのもタダです。

「もっと、簡単にもらえるお金ってないの!!」

あります!次に紹介する労災も条件がありますが、障害年金よりは条件が緩い。

さらに、最後に紹介する失業保険は、もっと手軽に、最短1か月でもらうことができます。

方法2:労災を申請して「欠勤日の日当」や「治療費」を貰う

労災の正しい知識ともらえるお金

【最初にチェック】「労災保険」と「労災」は違う

  • 労災保険…「事前に」加入することで、働いてる最中に怪我や病気にかかったら、お金を貰うことができる「保険」
  • 労災…正式名称は「労働災害」。働いてる最中に怪我や病気にかかった「後」「2~5以内に事後申請」することで貰えるお金
  • つまり、労災のお金は「今からでも」貰える

労災でもらえるお金の具体例は…

  • うつ病の治療費…治療中のお金を全額もらえる
  • 休業補償…パワハラがきっかけで欠勤した日×日当の8割が支給

労災の申請方法は…

  • 病院を受診して、精神的疾患の証明をしてもらう
  • 申請書を記入して、労働基準監督署に提出する(申請書の詳細は↓※に追記)
  • 審査後に通知が届き、認定されれば支給
  • 2020年6月から、「パワハラ」が労災の項目に追加され、審査は緩くなった

労災給付の期限の詳細:労災の申請には期限がある!労災申請の期限と期限切れ時の対処法は?

申請書のダウンロード:厚生労働省「労災保険給付関係請求書等ダウンロード」

申請書の書き方詳細:労災保険の申請に診断書は必要?|診断書の様式と費用を解説

パワハラをされて、仕事に行く気がなくなって、休んじゃった日、ありませんか?

労災を申請すれば、その休んだ日の日当が8割貰えます。

「でも私、労災に入ってないから…」

違うんです。実は労災保険と労災を誤解してる人が多い。

労災保険は事前に入るやつ。例えば、がんになったらお金が貰えるがん保険みたいに、事前に加入することでお金がもらえる。

一方、ここで紹介している労災は、先ほどの例えで言うと、がんに「かかった後」に貰えるお金。

「職場でパワハラ受けたのかわいそうに…会社のせいだから、お金あげるね~」っていうこと。

だから、パワハラを受けた後、今からでも申請できる。

しかも、2020年6月から、申請の基準が緩くなったからチャンス!

でも、万が一労災が認められないこともある。

「障害年金も労災も、全部だめだった…もう泣き寝入りしかないや…」

そんなあなたでも「確実にもらえるお金」が、最後に紹介する失業保険!

方法3:失業保険を申請して「3か月~3年間」生活できるお金を貰う

失業保険の知識
  • 失業保険とは…歯科衛生士を辞めた後に、国からもらえるお金
  • 条件を満たすことで、一定期間、最低限の生活費が貰える
  • 「働いてた期間」が1年未満なら、3か月間支給され続ける
  • 「30歳未満」なら、最大6850円が毎日貰える
  • 「30~45歳未満」なら、最大7605円が毎日貰える
  • 条件①:働いてるときに、雇用保険に加入していた(詳細は※で)
  • 条件②:辞めるまでの1年間で、11日以上働いた月が6か月以上
  • 条件③:再就職の意欲がある(特定理由離職者として認められれば、免除
  • 特定理由退職者とは…やむを得ない理由で、職場を辞めた人のこと
  • うつ病なら、特定理由退職者として認められる
  • 特定理由退職者のメリット①:申請して1か月後に、お金がもらえる
  • 特定理由退職者のメリット②:お金を貰える日数が最大3年間延長できる

※1:雇用保険とは…失業しても生活できるようにする保険。入社した時点で、自動で加入済み

参考:歯科衛生士でうつ病だったけど「失業保険」で1年間治療に専念できた

失業保険を受け取れば、最低でも3か月間は働かずに生活することができる。

「そんなおいしい話、本当にあるの?」って思うよね。

でも、本当。実は、失業保険のお金は、私たちが払っているお金から来てるの。

その正体は、雇用保険。

私たちは、今の職場に入った時点で雇用保険に自然と加入している。そして、毎月1000~1500円くらいの保険料を払ってるの。

だから、失業保険を貰えるのは、むしろ当然の権利!遠慮はいらない。

次に、貰える金額。

大体、働いてた時の50~80%のお金がもらえる。

私の場合は、新卒の手取りが平均17万くらいだったかな。だから、毎月8.5~13.6万円くらいもらえた。

ぎりぎり生きていけるくらい。私の場合、貯金もちょっとあったから、結構なんとかなった。

そして、気になる申請方法はこれ。

申請~受給の流れ
  1. 【前提】辞めた後は、なるべく早く手続きをしてください。「1年を過ぎると」貰えない可能性があります。
  2. まずは書類の準備から。
  3. 「離職票」…辞めた後自宅に届くので記入(届かなかったらハローワークに相談
  4. 「雇用保険被保険者証」…自宅に届く(貰えなかったらハローワークで再発行可能
  5. 上記2つの書類と、「マイナンバー、本人確認証明書(免許証など)、印鑑、写真(縦3cm × 横2.5cm)、本人名義の通帳」を用意
  6. 最寄りのハローワークに行って、書類提出
  7. その場で受給資格があるか確認される
  8. 【要チェック】この時点で「うつ病であることを告げる」
  9. 「うつ病の証明方法」を教えてもらう(診断書の提出など)
  10. 受給資格が認められたら、説明会の案内を貰い、帰宅
  11. 説明会までに、うつ病証明の準備を終わらせる
  12. 説明会に参加。話を聞いて、書類を貰うだけです
  13. 申請から約1か月後に支給開始
  14. その後、1か月に1~2回ハローワークで面談があります
  15. 面談で聞かれるのは、治療の状況就職活動ができそうか

参考:歯科衛生士でうつ病だったけど「失業保険」で1年間治療に専念できた

※離職票の記入例:ハローワーク「記入例:雇用保険被保険者離職票ー1」

申請してから1か月後には、失業保険のお金を貰うことができる!

失業保険を使って、生活をリセットすれば、パワハラを受けても泣き寝入りせず、前を向ける。次の職場で幸せになれる。

だから、絶対にあきらめないで。

まとめ:パワハラを受けても「タダでお金貰って」ストレス発散できる

パワハラ受けても泣き寝入りしないですむ!
  • パワハラを受けたあなたが、「タダで貰えるお金」がある
  • ①障害年金…「最低でも」58万4500円もらえる
  • ②労災…精神疾患の治療費全額、欠勤した日の日当8割が貰える
  • ③失業保険…3か月~3年間生活できるお金が貰える

パワハラされたら、自分が悪いかもしれないし、泣き寝入りするしかないのかなって思いますよね。

でもあなたの本音は?パワハラした院長やお局を「ぎゃふん」と言わせたいですよね。

実は、パワハラを受けたあなたが、無償で貰うことができるお金があります。

「いやいや、無償で貰えるお金なんて。そんな都合のいい話あるの…」って思うよね。

実は、この無償で貰えるお金。私たちの税金から来てる。

ようするに、税金払ったし、貰うのは当然の権利ってこと。

そこで、このお得な情報、3つを紹介します。

ただ、その前に。「弁護士で訴えたらいいんじゃないの?」って思ったあなたに。

パワハラを弁護士で訴える方法も一応紹介。

実際にパワハラを受けた私が、弁護士に相談してどうなったかも教えるね。

あなたの相談コメント、待ってます!

タイトルとURLをコピーしました