歯科衛生士で年収500万円稼ぐのに、何年も同じ職場で働く必要はありません

歯科衛生士の年収

「歯科衛生士で年収500万円って噓でしょ?どこで働いたらそんなに稼げるのよ!」って思いますよね。

実は、病院で働く歯科衛生士なら、年収500万円以上稼ぐことができます!

「でも病院で働いたことないし、面接で落とされそう…」

そんなあなたでも、病院で働ける!

意外とみんな知らないんだけど、病院のパートって応募条件が緩い。

だから、まずはパートで働いて実務経験を積む。経験を積んだら次は正社員。

その次はもっとお金が貰える病院へ…

このステップを踏むことで、10年後には年収500万円を突破できます。

そこでこの記事では、病院で働く歯科衛生士の給料事情、病院で働いて年収500万円突破するまでの3ステップを紹介します。

年収500万円欲しい歯科衛生士向け
  • 年収500万円稼いでる歯科衛生士の、2つの特徴は?
  • 病院で働いて年収500万円を突破するまでの「3つのステップ」は?

歯科衛生士で500万円稼ぐには「病院で働くか」「勤務経験」が必要です

その1:病院で働けば「40代前半」で年収500万円突破できる

病院で働く歯科衛生士は給料めっちゃ高い
  • 「病院で働く歯科衛生士」の平均年収は388万円
  • 年収500万円を超える職場には「2つの特徴」がある
  • 2つの特徴…「国立病院」「病院の職員数が多い」
  • 「国立病院」で働く歯科衛生士は、平均年収458万円
  • 「職員が1000人以上いる病院」は、40代前半で年収593万円

参考1:厚生労働省「平成31年度賃金構造基本統計調査」

参考2:歯科衛生士の平均年収は370万円|年齢別、年収推移は?

年収500万円以上の歯科衛生士ってどんな人だと思います?

答えは2つあります。

1つ目は、病院で働く歯科衛生士。

特に病院の中でも、国立病院、職員数が1000人以上のめっちゃ大きい病院。この2つはやばい。

厚生労働省のデータによると、職員数1000人以上の病院で働くと、40代前半で年収500万円どころか年収600万円を突破できる。

だって、40代前半で「平均」年収593万円だよ?平均ってことは600万円超えてる人余裕でいるよね。

私たちの給料の2倍、なんなら新卒の3倍以上もあるやん!ずるい!!

その2:30年働けば年収500万円超えるけど、年取ってからじゃなあ…

解決策
  • 年齢が「50歳以上の歯科衛生士」は、年収500万円目指せる
  • 「50代前半」で平均年収は468万円
  • 「60代前半」で平均年収は492万円
  • ただし、50代前半でもブランク長いと年収下がる
  • 50代前半で「ブランク12~24年」だと、平均年収374万円
  • 40代で年収500万円を目指すなら、病院で働くのが現実的

2つ目は、50歳以上の歯科衛生士。要は、30年以上働けば、年収が500万円を超えます。

これは、いわゆる年功序列というやつですね。

「いやいや、50歳まで順風満帆に働けると思えない…」と思ったあなたは鋭い!

実際、50歳以上で年収500万円を超えている歯科衛生士は、全体の約9.4%しかいない。

結婚や出産で辞める人も多いし、50代まで働く人はそうそういない。

だから、早く年収500万円突破したいなら、病院でさっさと働いたほうがいい。

「でも病院で働いた経験ないしな…」

じゃあ、そんな年収爆上がりする病院で働く方法、次で教えます。

病院で働いて年収500万円を突破する「3つのステップ」

ステップ1:病院の仕事内容・「求められるスキル」を知る

病院の仕事内容は…
  • 仕事内容…クリニックと同じ一般治療口腔外科治療特別な患者さんの治療の3つ
  • 一般治療…全身疾患など、クリニックでの対応が難しい患者さんを受け入れる
  • 口腔外科治療…歯の欠損、腫瘍、さまざまな疾患の診断と治療を行う
  • 特別な患者さんの治療…「周術期」や「がん治療中の患者さん」の口腔ケア
  • スキル①…看護師、薬剤師、栄養士など、歯科医師以外のスタッフとの連携
  • スキル②…クリニックで身につけた歯科予防処置歯科保健指導

年収が増える分、仕事内容はガラッと変わり、クリニック時代になかったスキルが必要になります。

では質問。上で紹介した仕事内容やスキル、どうやって身につけたらいいんでしょうか?

クリニックで働いてもだめ。知識だけじゃだめ。ということは…

そう!実際に病院で働くしかない。

「いきなり病院で!?雇ってくれないでしょ…」と思った方。

確かに就職のハードルは高いです。そもそも募集してる数が少ないし、ライバルも多い。

そこで次のステップ。一般病院でパートとして働いて「実務経験」を積みます!

ステップ2:病院のパート求人を探して「実務経験」を積む

病院のパート求人の探し方は…
  • 「求人サイト・転職サイト」を探しても、病院の求人は0件
  • 方法①…「ハローワーク」で求人を探す。
  • 方法②…「病院のホームページ」にアクセスして、直接応募
  • パートは応募条件が緩い、衛生士資格があれば応募できる

「クリニックでの勤務経験しかないし、ライバルも多くて大変そう…」って思いますよね。

私も病院の勤務経験はない。だから、確実なことは言えない。

でも、病院の求人は、調べてみると意外と多いです。

求人サイトグッピーで調べたところ、一般病院の求人は274件ありました。

さらにパート・非常勤まで条件を絞ると、124件。しかも未経験でもOKの文字が!

だから、病院勤務もパートや非常勤からなら始められる。

そして、病院での勤務経験を積めば、次のステップ。年収500万円もらえる病院に応募できる!

ステップ3:パートで経験年数を積んだら「国立病院のホームページ」から応募

国立病院への応募方法は…
  • やはり求人サイト、転職サイトには情報がない
  • 国立病院は「ホームページから直接応募」できる
  • 国立病院はほとんどが職員数1000人以上
  • だから、国立病院で働ければ年収500万円は確実

※応募中の国立病院を探すならここ:国立病院機構 病院一覧

実務経験をつんだら、あとは応募するだけ。

求人サイトや転職サイトには、ほとんど求人がない。だから、病院のホームページから応募がおすすめ。

国立病院で働いたら、もっとお金を稼げる!

40代の内にエステに通ったり、高い美容室に行ったり、おいしい食事を食べたりできる!

まとめ:「国立病院」で働けば年収500万円以上稼げる!

年収500万円稼ぐ歯科衛生士になれる
  • 年収500万円を超える職場には「2つの特徴」がある
  • 2つの特徴…「国立病院」「病院の職員数が多い」
  • 「国立病院」で働く歯科衛生士は、平均年収458万円
  • 「職員が1000人以上いる病院」は、40代前半で年収593万円
  • 年齢が「50歳以上の歯科衛生士」は、年収500万円目指せる
  • 40代で年収500万円を目指すなら、病院で働くのが現実的
  • 病院での経験勤務がなくても、パートなら応募できる
  • パートで「病院での実務経験」を積めば、国立病院にも応募できる

「歯科衛生士で年収500万円って噓でしょ?どこで働いたらそんなに稼げるのよ!」って思いますよね。

実は、病院で働く歯科衛生士なら、年収500万円以上稼ぐことができます!

「でも病院で働いたことないし、面接で落とされそう…」

そんなあなたでも、病院で働ける!

意外とみんな知らないんだけど、病院のパートって応募条件が緩い。

だから、まずはパートで働いて実務経験を積む。経験を積んだら次は正社員。その次はもっとお金が貰える病院へ…

このステップを踏むことで、10年後には年収500万円を突破できます。

そこでこの記事では、病院で働く歯科衛生士の給料事情、病院で働いて年収500万円突破するまでの3ステップを紹介します。

あなたの相談コメント、待ってます!

タイトルとURLをコピーしました